人気ブログランキング |
excitemusic

乳腺外科医が乳がんの最新情報をブログで紹介しています
by aiharatomohiko
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:ラパチニブ ( 2 ) タグの人気記事

HER2陽性ER陽性転移性乳がんの治療


昨年のサンアントニオで発表された、HER2陽性ER陽性転移性

乳がんを対象とした、一次療法におけるラパチニブ vs 

ラパチニブ+レトロゾールのランダム化比較試験の結果が

JCO(J Clin Oncol 27. © 2009)にのりました。

内容はサンアントニオの時と同じです。

つまり、HER2陰性乳がんではラパチニブの効果がなく、HER2陽性では

無増悪進行期間は30%改善されるが、全生存期間に有意な改善は無い、

ということです。


また、同様の対象で行われた、ハーセプチン+アナストロゾール 

vs アナストロゾールの試験結果もJCO(J Clin Oncol 27. © 2009)

にのりました。

無増悪進行期間は40%改善されるが、全生存期間に有意な改善は無い、

ということです。


HER2陽性ER陽性転移性乳がんの治療においては、ホルモン治療単独を

優先とし、進行してから化学療法と抗HER2療法を行えばよいという結果です。

ハーセプチンとホルモン剤を同時併用する意義は、毎週点滴を行わなければ

ならないわずらわしさや医療費を考えると、患者さんにメリットがあるとは

思いがたいです。

ラパチニブとホルモン剤の併用は、医療費を考えなければ点滴をする

わずらわしさがないため、少しましだと思いますが、下痢などの副作用による

QOLの低下が懸念されます。


結論として、全生存期間の改善が見られないので、ホルモン剤と抗HER2療法

の併用は、個人的にはお勧めしません。
by aiharatomohiko | 2009-11-08 20:55 | 医療

サンアントニオ2008 レトロゾール vs レトロゾール+ラパチニブ


ホルモン感受性閉経後進行再発乳がんに対して、一次治療としての

レトロゾール vs レトロゾール+ラパチニブを比較したRCTの結果が

発表されました。

全症例はn=1,286で、HER2+はn=219でした。

HER2-が含まれている理由は、ラパチニブのEGFRを抑制する効果を

期待してのことだったと思います。


HER2+での無増悪期間は、レトロゾール+ラパチニブで30%ほど改善

されており、統計学的にも有意な差でした。

全生存期間の中央値は32.3ヶ月vs33.3ヶ月と有意な差を認めず、

生存曲線はレトロゾール+ラパチニブで25%ほど改善されているものの、

有意差はありませんでした。

ただ、生存曲線自体はイベント数が増えるか症例数を増やすかすれば、

差が出そうな感じなので、解釈が悩ましいです。

このデータを見て、積極的にレトロゾール+ラパチニブを一次療法で使用

するかどうかは、微妙です。


HER2-では両群間で無増悪期間の差を認めませんでしたが、cox比例

ハザード分析による多変量解析を探索的に行うと、ハザード比が0.77と

有意にレトロゾール+ラパチニブが勝っていたという結果も出ていました。

結局ラパチニブはHER2-に効果があるのでしょうか?

通常の解析では差が出ないのに、多変量解析をしたら差が出るって

どういうことなのか?


いくら思案しても分からなかったので、CSPORの年会で統計家のProf.大橋

にお伺いしてみました。この辺りかなりややこしく理解できているか自信が

ないのですが、共変量がきれいにランダム化出来ていないためこう言う

事がおこっており、データの精度が高いと言えないとおっしゃったと記憶して

います。


タモキシフェンの以前の使用が有意な共変量であったと書いてあるので、

この因子がランダム化時点でバイアスがかかっていたと言う事でしょうか。

岩井さん、解釈を教えて下さい。
by aiharatomohiko | 2009-02-08 23:15 | 学会