人気ブログランキング |
excitemusic

乳腺外科医が乳がんの最新情報をブログで紹介しています
by aiharatomohiko
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:タキソール ( 3 ) タグの人気記事

HER2とタキソールの有用性との関係-考察-

HER2とタキソールの有用性との関係-考察-_f0123083_215619.jpg

N Engl J Med 2007;357:1496-506.より引用。


このデータを詳しく見るために、Figure2における6年無再発生存率に

焦点を当ててみました。


これでわかることは、ER陰性ならHER2の状況に関わらず、

またER陽性でもHER2陽性なら、6年無再発生存率がACのみで約50%、

タキソール追加で約70%とほとんど変わらないということです。

ER陽性HER2陰性の場合だけは例外で、タキソールありでもなしでも

約70%と、タキソールの追加効果がみられなかったわけです。


言い換えると、ER/HER2の状況に関わらず、術後にAC-タキソールを投与

することで6年無再発生存率が約70%になる。ER陽性HER2陰性の症例

だけはACだけでも約70%と良いが、それ以外はACだけでは約50%である、

ということになります。


AC-PTX治療後の全サブセットの6年生存率がほぼ同じくらいだったのは、

たまたまかもしれません。


しかし、これが真実だとすると、HER2陽性乳癌の場合には、ハーセプチンを

追加することで、ハザード比で40から50%のさらなる再発抑制効果を得る

ことが出来ます。


ER/PR陰性HER2陰性のいわゆるトリプルネガティブは、さらに予後を改善

する手法が今の所見当たりませんが、タキソールの追加効果がはっきりあり

ますので、化学療法は有用なのでしょう。分子標的薬を含めた何らかの化学

療法剤の追加が、さらなる予後の改善に有用である可能性があります。


その一方で、ER陽性HER2陰性でタキソールの追加効果がみられないという

のは、ひょっとしたらタキソールだけでなく化学療法自体が効きにくいということ

かもしれません。今後化学療法が進歩していく過程で、意外に予後が改善され

にくいサブセットとして残るということになるかもしれません、うーん。。。


少し混乱してきました。


各サブセットで患者背景が揃っていない恐れもある中で結果をあまり細かく

見ても意味が無いのかもしれませんが、ERとHER2でサブセットを分けた

解析が今後いくつもの臨床試験でなされてくると思います。


そうすると、この問題も少しずつ真実が見えてくるのだと思います。

それまではしばらく、うーん、とうなっているしかなさそうです。
by aiharatomohiko | 2007-12-02 21:01 | 論文

HER2とタキソールの有用性との関係-その2-


感心したのは、この論文がNEJMに掲載されて2週間も経たないうちに、

ASCOからこの論文を解説するメールが来たことです。


その内容は、“非常に興味深い研究結果であるが、臨床応用するには

時期尚早である。”という、まあ当たり前の事なのですが、その内容にでは

なく、論文発表からメールが来るまでの早さに感心しました。

さすが、プロフェッショナルな学会だなあと思いましたね。

日本乳癌学会でも、このような重要な研究結果が出たら、すぐにその内容を

検討して会員に情報を流すような態勢がとれるといいんですけどね。


渡辺理事、どうですか?


もちろん、この研究結果(仮説)が確かなものであると証明するためには

前向きに検討する必要があります。ただ、例えば同様の試験デザインが

とられたNSABP B28でもこの結果が再現できるのであれば、HER2陰性

ER陽性リンパ節転移陽性乳がんでACの後のPTXの追加効果が無い

(もしくは低い)という蓋然性が高くなるでしょう。

さらには、その他のアンスラサイクリン vs アンスラサイクリン+タキサン

の試験でも同様な結果が得られれば、後ろ向きの研究結果とはいえ、

さらに蓋然性が高くなると思います。


しかしながら、この仮説に反する試験結果もあります。

タキソテールを使用したBCIRG001(TAC vs FAC) とPACS01

(FEC vs FEC-DTX)の統合解析において、タキソテールはERの状況で

再発抑制効果が変わらないという結果がASCO2007で発表されています。

HER2でのサブセットはどうかというと、BCIRG001の論文では、HER2陽性

の方が効果が高い(HR 0.76 vs 0.60)。

PACS01は、HER2ではサブセットを分けていませんでした。


タキソールとタキソテールでは違う傾向があるのか。

同時併用と逐次併用という投与スケジュールによって異なるのか、

この点も気になります。

臨床的に非常に興味深い=重要な問題なので、今後常にデータを

フォローする必要がありますね。


さて、当院治療中の方でこのブログを読まれた方は、タキソールどうしよう

かなと思われる方がおられるかもしれません。当院では、ASCOの

レターに書かれているように、新たなデータが出るまでは、HER2陰性

ER陽性の方もリンパ節転移が陽性であれば、タキソールをお勧めするのを

今までどおりスタンダードとします。
by aiharatomohiko | 2007-11-07 23:55 | 論文

HER2とタキソールの有用性との関係-その1-


リンパ節転移陽性乳癌の術後化学療法において、タキソールは標準治療薬

となっています。初めてタキソールの追加効果をAC vs AC-タキソールの

比較により検証したのは、CALGB9344というエポックメイキングな試験です。


この試験の中間解析の結果が発表された時から、ER陽性とER陰性では

タキソールの追加効果の大きさが異なるのではないか、と言われていました。

ただ、その後に発表されたアンスラサイクリン vs アンスラサイクリン+

タキサンを比較した試験では、ERの状況と無再発生存率の改善効果に

ついてバラツキがあったため、現時点では日常臨床においてERの状況で

タキサンを使用するかどうかを決めることは推奨されていません。

また、HER2の状況とタキソールの効果については、進行再発ではいくつかの

試験で検討されていますが、術後療法での検証はなされていません。


こういった背景から、HER2ならびにERの状況がタキソールの追加効果に

影響を与えるかどうかの解析が、CALGB9344の全3121例から無作為に

選ばれた1500例のうち組織が利用できた1322例を利用して行われ、

その結果が先月のNEJMに掲載されました。


CALGB9344試験では、アドリアシンの増量効果とタキソールの追加効果

という二つの命題を検証する2x2のファクトリアルデザインがとられていた

ため、以下の結果が得られました。


①HER2陽性乳癌に対してアドリアシンの量を60mgから90mgに上げても、

無再発生存率は改善しない。

②HER陽性乳癌とHER2陰性・ER陰性乳癌に対しては、タキソールの追加で

無再発生存率が改善するが、HER2陰性・ER陽性乳癌に対してタキソールを

追加しても、無再発生存率は改善しない。


全症例の過半数を占めるHER2陰性・ER陽性乳癌に対してタキソールを

追加する効果が無い
、ということが真実だとすると、臨床的に非常に

大きなインパクトがあります。
by aiharatomohiko | 2007-11-04 23:39 | 論文