人気ブログランキング |
excitemusic

乳腺外科医が乳がんの最新情報をブログで紹介しています
by aiharatomohiko
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:サブタイプ ( 3 ) タグの人気記事

pCRと予後:定義とサブタイプ


von Minckwitzらのアンスラサイクリン-タキサンベースのPSTを行った

臨床試験6,377名のデータを集めて抗腫瘍効果と予後の関連を検討した

貴重な論文を読んでみました。

Definition and Impact of Pathologic Complete Response on Prognosis

After Neoadjuvant Chemotherapy in Various Intrinsic Breast Cancer

Subtypes  J Clin Oncol. 2012;30(15):1796-804


pCRの定義において、腫瘍残量が最も少ない定義の予後予測力が最も強い。

これは当たり前とはいえます。Table2

f0123083_21431750.jpg



OSのイベント数が少ないために決定的なことは言えないものの、

OSのハザード比がDFSと同じかそれよりも高い傾向があるようにも

見えます。Table2。

pCRになったケースは、化学療法感受性が高く、再発後の化学療法にも

反応する可能性が高いためでしょうか?


サブタイプ別でみると、luminal A(この論文の定義では、ER/PR陽性

でNG1か2)の場合には、pCRとnonPCRでDFS,OSは差がありません

でした。ER/PR陽性でHER2陽性の場合にも、同様な結果でした。

注意すべき点は、ハーセプチンを使用した場合には、DFSは変わらない

もののOSでpCR になったケースの方が良い傾向にあったことでしょう。

ただ、イベント数が11のため、未成熟なデータではあります。Table3

f0123083_21441234.jpg



ER/PR陽性/NG3の場合、ER陰性/PR陰性/HER2陽性もしくは

HER2陰性の場合には、DFSでハザード比が4から8程度、OSで5から14

程度と著明な改善を得ています。


この論文からわかったことは、pCRがよい予後因子となるのは主にER陰性

のケースであることです。ただ、このことはER陽性で化学療法の効果が

ないということを意味しない
(EBCTCG 2012, Lancet)

ことに留意する必要があります。念のため。

f0123083_21484769.jpg



余談ですが、この論文のcommentaryで、ミシガンのD.Hayesらは

化学療法が必要になるケースのほとんどで術後化学療法が標準である

と述べていました。NACは標準治療ではないということですが、

個人的には全く同感です。


さて、本論文に関して、ルミナルAの予後が悪すぎるのではないか

(5年DFSが80%強)、というご指摘を頂きました。

その時には即答できませんでしたが、論文を振り返ってみると、対象

となっているのがcN0とcN1以上が半々で、neo-adjuvantが必要な

ケースであることを考慮すると、悪すぎるとまでは言えないのではないか

とも思えました。いかがでしょうか。
by aiharatomohiko | 2012-08-01 00:00 | 論文

琉球乳腺倶楽部での遺伝子発現プロファイルの話

f0123083_222131.jpg



第41回琉球乳腺倶楽部で遺伝子発現プロファイルによるサブタイプ分類と

予後予測について話をしてきました。


概要を紹介します。

サブタイプ分類に用いることのできる遺伝子発現プロファイルは複数

あります。以前ブログに書いたようにある特定の個人が分類される

サブタイプは用いる方法によってかなり異なる(ある方法では

ルミナルAに分類される人が別の方法ではルミナルBやHER2などに

分類される)こと、そしてこれは近々ブログにアップしますが、

特定の方法を用いたとしても検査を行う人によってある特定の個人が

ルミナルAに分類されたりルミナルBやHER2タイプに分類されたり

するということが頻繁に起こります。一番の関心事である、ある特定

の個人をルミナルAかBかにきちんと分類することは、残念ながら

出来ません。


もしサブタイプ分類が”intrinsic”(本来備わっている,固有の,

本質的な,本源的な )なら、複数あるどの遺伝子発現プロファイル

を使っても、ある特定個人のサブタイプは一致するはずですが、実際

はそうではありません。つまり、遺伝子発現プロファイルによるサブ

タイプ分類は主観的な方法であるため、分類されたサブタイプはとても

intrinsicとはいえないのです。



乳がんをサブタイプに分類するのであれば、遺伝子発現プロファイルを

使った分類よりも、現状ならばERやHER2といった治療標的を免疫染色

することによる分類の方が実用的ではないでしょうか。

ただ免疫染色による分類でも、いわゆるルミナルAとBをきれいに分ける

ことは困難です。なぜならば、例えばKi67をマーカーとしてカットオフ値

を設けることにより分類するとしても、そもそも連続したものを恣意的に

分けることになるため、検査方法が標準化すらされていない現状で誰もが

納得するカットオフポイントを設けることはできません。

ルミナルAとBで治療方針を変えるという考えは、概念的には理解できても

個別化医療に応用することは出来なさそうです。

“この患者はルミナルBっぽいですね”というような内容のうすい議論が

これからも続くことになるのはいかがなものでしょうか。

建設的に考えるのであれば、Ki67が相当程度に低い症例と高い症例に

絞って予後や抗がん剤の感受性などを検討することは有用なのかもしれ

ませんが。
by aiharatomohiko | 2011-11-19 22:00 | 日常

サブタイプ分類の現実


物事はその定義がはっきりしてこそ、議論する価値があります。

反対に、定義がはっきりしていないことを議論することは、

時間の浪費以外の何者でもありません。

今はやりのサブタイプ別に患者さんを個別化して治療方針を

考えることが、まさに後者に当てはまります。

個別化医療は、どこまでできるかはさて置いて、それ自体は重要な

概念であることは言うまでもありません。

しかしながら、サブタイプの分類法が確立ないしは統一されていない

のにも関わらず、サブタイプ別に治療方針をどうするか、

たとえばルミナルAとBで治療方針をどう変えるか、という議論を

することに、根本的な問題があることが分かります。


サブタイプ分類法には、遺伝子発現プロファイルや免疫染色法が

あります。遺伝子発現プロファイルという手法に限って考えても、

異なる方法が何種類か存在します。

これらは、果たして同じものを見ているといえるのでしょうか?


この問題を検討した論文が、Britta Weigeltらの、Breast cancer

molecular profiling with single sample predictors:

a retrospective analysis. Lancet Oncol 2010; 11: 339–49です。



この論文は、異なる3つのデータベースにおける個別の乳がん

患者さんが、3種類の異なる遺伝子発現プロファイルによって、

どのサブタイプに分類されるかを検討したものです。

使用したマイクロアレイは、Sorlie、Hu、Parkerの手法です。


予後とサブタイプの相関という観点では、いずれのマイクロアレイを

いずれのデータセットを用いて検討しても、luminalAが最も予後が

良好で、それ以外は予後が劣るという傾向が観察されており、

マスで見ると乳がんをサブタイプに分類することには一定の意義がある

ように思えます。


しかしながら、個別化医療=個々の患者さんがどのサブタイプに分類

されるか、という観点では、図表をみれば一目瞭然のように、

basal type以外は、liminalA、luminalBは言うまでも無く、HER2

タイプですら用いるマイクロアレイによって個々の患者さんの分類が

一致しないことが分かります。


つまり、個別の患者さんがどのサブタイプに分類されるのかが使用する

マイクロアレイによって異なるため、どの方法を用いたのかという前提

を省いてサブタイプ分類による個別化医療を議論することには意味が無い

ということが明確に示されたわけです。

f0123083_2350613.jpg



いずれのマイクロアレイを用いても個々の乳がん患者さんにおいて

basal typeの判定がほぼ一致していることは、興味深いことです。


もちろん、basalもさらに何種類かに分類することができるかも

しれません。しかし、basal typeという分類に再現性が見られることは、

このサブタイプに関しては特別な治療方針・治療法を議論・開発する

ことに、臨床的な意味がある可能性を示唆しています。

実際、このサブタイプをターゲットとして、PARP阻害薬の開発が

進んでいますし。


その一方で、繰り返しになりますがbasal type以外のサブタイプの

腫瘍の性質や治療方針を議論することは、分類の方法論が統一されない

限りにおいては、雲をつかむような話に思えます。
by aiharatomohiko | 2010-10-15 23:45 | 論文