人気ブログランキング | 話題のタグを見る
excitemusic

乳腺外科医が乳がんの最新情報をブログで紹介しています
by aiharatomohiko
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29
カテゴリ
以前の記事
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 06月
2022年 04月
2022年 03月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 05月
2021年 03月
2020年 11月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2019年 10月
2019年 03月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 05月
2018年 02月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 06月
2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


アベマサイクリブで再発抑制 MONARCH-E

ホルモン受容体陽性、HER2陰性の術後再発高リスク乳がんに対して、ホルモン治療±アベマサイクリブのRCTの結果が論文発表されました(J Clin Oncol 38:3987-3998)。なぜNEJMでないのかはよくわかりません。

5,637名の患者さんが登録され、323IDFSが起こった時点での解析です。組み入れ基準は Patients with four or morepositive nodes, or one to threenodes and either tumor size 5 cm, histologic grade 3, or central Ki-67 ≥ 20%と記載されています。

治療効果は、 ( hazard ratio, 0.75; 95% CI, 0.60to 0.93 P = .01), 2-year IDFS rates of 92.2% versus88.7%と記載されています。

観察期間が短いので何とも言えないのですが、統計学的には有意に改善されていますので、再発高リスクには標準と言って良いと思います。

ただし、治療効果はハザード比0.75なので、そんなに大きな効果ではありません。

日常臨床で誰に使うか、という事を考えると、副作用とのバランスで、あまり高齢ではなくリスクがそれなりに高い方、具体的には組み入れ基準の“ four or more positive nodes, or one to threenodes and either tumor size ≥ 5 cm“に該当する方でしょうか。

より長期のフォローアップが報告されれば、もうちょっとピントが合ってくると思いますので、よく考えてみます。


アベマサイクリブはよいフリカケ薬という印象です。






by aiharatomohiko | 2020-11-26 22:37 | 論文
<< しぼむアテゾリズマブへの期待 ... n0高リスクに対する術後ハーセ... >>