excitemusic

乳がんの最新情報を紹介しています
by aiharatomohiko
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

それでもきっと来るアバスチン祭り


アバスチンの件に戻りますと、現時点では転移乳がんの一次治療として

使用するメリットに乏しいと思います。

よって、自分では積極的に使用することはないでしょう。

ただ、発売されるまでにどういった方に使用するかを考えて、ポジショニング

を決めておく必要があります。今のところは、例えば急速に増大するような

肝転移で、ここで抗がん剤が効かなければ危ないというような場合とか、

前治療がなかなか奏効しなかったような場合が出番になるのでしょうか。


しかしながら、“アバスチンを併用すると、抗がん剤の切れがいいんだ

よねー。
”というセリフを吐いて、バカスカ使う医師が後を絶たないのでは

ないか。杞憂であればいいのですが。


メーカーも売らないといけないので、“アバスチン祭り”とでも表現する

しかない、メーカー主催の研究会もどきの会が、アロマターゼ阻害薬の発売

直後の様に全国で開催されるのではないかと予想します(ため息)。

あの時を思い出すと、ケーススタディーでどの薬を使用しますか?と司会の

○○先生が聞いたら、ほぼ全員がアンサーパッドで新薬を押してたもんなぁ

(ため息X2)。

当時はまだ短期の中間解析の成績しか出ておらず、効果も大して変わらなか

ったのに。


MRの方の中には良くわかっておられる人も多いのですが、メーカーは

売るのが仕事
です。

ナイーブな人は洗脳されやすいので、気をつけましょう。
by aiharatomohiko | 2010-05-05 16:14 | 学会