excitemusic

乳がんの最新情報を紹介しています
by aiharatomohiko
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

乳癌診療ガイドライン-薬物療法-

先日乳癌学会の薬物療法のガイドライン作成委員会がありました。三連休の最後の日でした。最後の会議だったので、早く終わるかと思いきや、時間いっぱいになっても白熱した議論が繰り広げられました。

このときに強く感じたのは、データ自体はそこにありますが、専門家がこれだけ集まっても、解釈がまったく同じではないということです。何を当たり前のことを、とおっしゃるかもしれませんが、これって結構大事なことなのですよ。

AさんがB先生を受診してBという治療を勧められました。セカンドオピニオンに行きました。C先生にはCという治療を勧められました。Aさんにはどちらがよいかわかりませんが、専門家が見ると大して変わらない、ということは良くあることです。例えて言えば、富士山はそこにあっても、見る方向によって受ける印象が異なるようなものでしょうか。どの程度までが許容範囲かというと、やはり富士山を見て富士山と言えていれば良いのでしょう。

富士山を見てエベレストと言ってしまうような医師はさすがにまずいですが、未だに多数おられるようです。それが患者さんのためであるという信念を持ってやられてしまうと、手に負えなくなります。人のことはどうでもいいじゃないか、私自身がきちんとした治療をできていればそれで良いのじゃないかといわれると、そうかもしれませんが、そういった方にも、最低ガイドラインくらいは読んで欲しいですね、ホント。まあ、ガイドラインを読んだ上で確信犯的にやっているところもあるので、いろいろですね。
患者さんの自衛手段として、こういった医師にかかって不利益を被らないためには、いくつもセカンドオピニオンに行くよりは、患者さん用のガイドラインを読んでいただくのが一番かと思います。

話が相当ずれていってしまいましたが、そういったなかで、今現在も考え方のすりあわせをしながら、今年の乳癌学会での最新版ガイドライン(医療者用)の出版に向けて、作業がなされています。医療者用を改定したのならば、患者さん用のガイドラインも早急に改定が必要なのかもしれませんが、マンパワーは大丈夫でしょうか。

それにしても、乳癌の薬物療法に関しては、毎年のように新しいデータがでているので、改訂作業も並大抵ではありませんね。アップデートをうまくする方法があればよいのですが。

今回もネタはないのかとつっつかれて書きましたが、散漫になってしまい読んでてまったくわからないかわかりません。すぐに消してしまうかも。
by aiharatomohiko | 2007-02-22 21:20 | 医療

CSPOR07年会-乳がんと骨-

CSPORアカデミーの今年のテーマは、”乳がんと骨”でした。まことに適切なテーマで大変勉強になりましたが、なぜ、”乳がんと骨”なのでしょうか。

乳がんの治療薬であるタモキシフェン(ノルバデックス)が骨塩量を増やして、骨粗鬆症や骨折の危険性を低くする効果があるのに対して、閉経後乳がんに使用するアロマターゼ阻害薬(アリミデックス、アロマシン、フェマーラ)は、そういった作用が無いかむしろ反対の作用があるためです。また、閉経前乳がんに使用するゾラデックスやリュープリンで月経を止めることにより、やはり骨塩量が下がります。なので、乳がん治療において骨の問題は避けて通ることができない問題となっています。

骨塩量が下がることに対して、予防的にビスフォスフォネートを使用するというやり方が話題に上っていますが、副作用を抑えるためにまた薬を処方する、そしてその薬の副作用を抑えるためにまた別のお薬を、、、というようなことにならないかは危惧しています。

相原病院では、専門の整形外科医がいるので、そういった点で安心です。万が一、酔っ払って転倒して鎖骨が折れたりしても、対応可能です。
by aiharatomohiko | 2007-02-04 23:02 | 日常

CSPOR07年会-臨床試験-

臨床試験グループのCSPORの年会が、例年通りかずさアカデミアパークで2/3-4にありました。

N-SAS BC02-04は登録が終了してフォローに入っています。
私が研究代表者を勤めさせて頂いているBC03は全例12ヶ月の治療を過ぎたため、3.6.9.12ヶ月時点でのタモキシフェンとアナストロゾールの副作用の違いを検討して、今年のサンアントニオ乳がんシンポジウムに結果を発表する予定です。

さて、昨年は国立がんセンター東病院の向井先生が研究代表者を勤められるSELECT BC試験が登録開始となりました。今年は癌研究所有明病院の岩瀬先生が主任研究者を努められる、N-SAS BC05試験がキックオフとなります。アロマターゼ阻害薬を含んだ治療の5年vs10年の試験です。3,000例ほどのタフな試験になりそうですが、できるだけ協力して行きたいです。
by aiharatomohiko | 2007-02-04 22:59 | 日常

ブレストサージャリークリニック訪問

東京都品川のブレストサージャリークリニックへお邪魔してきました。
岩平先生に相原病院で乳房再建手術をして頂くお願いをするためです。幸い渡辺GMにも、岩平先生にも快諾して頂きました。
とりあえず、再建希望のある方にブレストサージャリークリニックで岩平先生の診察を受けていただいて、最終的に希望を確認した後に日程を調整、という風になると思います。
はじめは、私が手術を担当させていただいた方に限定して、再建手術をして頂くつもりです。キャパがアップすれば、他院で手術された方も受け入れられるようになるとは思いますが。

ホームページでも、形成外科手術について詳しく書いたものをアップしていますので、参考になさってください。
by aiharatomohiko | 2007-02-04 22:42 | 医療