excitemusic

乳がんの最新情報を紹介しています
by aiharatomohiko
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:お知らせ( 18 )

サンアントニオ2011 ABCSG12試験アップデート


閉経前ホルモン受容体陽性乳がん術後療法におけるゾレドロン酸

の有効性を検討したABCSG12試験のアップデートの結果です。

フォローアップの中央値は84か月。

DFS(無病生存期間) HR0.72(0.56-0.94)230イベント

OS(全生存期間) HR0.63(0.40-0.99)82イベント

DFSのイベント数は200を超えて、一定の信頼性はありそうです。


サブセット解析はTAM/AIや腋窩リンパ節転移の有無でゾレドロン

酸の有効性は変わらないのですが、40歳未満では有効性が確認でき

なかったとのことです。

理由はよく考えても不明。

40歳未満では卵巣機能の抑制が不十分ではないかといった議論が

あるようですが、そうであれば40歳未満でのアナストロゾール群

の予後がかなり悪くなっているはず。

そのあたりはどうなっているのでしょうか。


さて、この試験とZO-FASTの結果だけ見れば、閉経後における

ゾレドロン酸の再発抑制効果はポジティブですが、AZURE試験

との相違が気になります。AZUREをおさらいすると、全体では

ゾレドロン酸の効果はみられなかったものの、閉経後のサブセット

解析では再発を抑制している傾向がうかがえたというものです。

もう一度AZUREのサブセット解析の結果を見てみましょう。


Invasive disease free survivalのゾレドロン酸群とコント

ロールでのイベント数は404と403ほぼ同数でした。

閉経前では、288と256とゾレドロン酸群の方が30イベント

ほど多く、一方閉経後では116と147イベントと30イベント

ほどゾレドロン酸の方が多かったという結果でした。閉経前

と閉経後のイベント数は差し引きゼロで、ただ単にばらついて

いるだけのようにも見えます。


もし低エストロゲン状態がゾレドロン酸の有効性の前提条件と

すると、AZUREの閉経前でも化学療法が95%に行われており、

化学閉経になっているケースもそれなりにあるので、ゾレド

ロン酸群で再発が多いというのは結果に再現性がないという

ように思えます(80%がホルモン受容体陽性)。

つまり、懐疑的に見ればAZUREの閉経前でゾレドロン酸投与

群の再発がむしろ多かったこととABCSG12の結果との違い

を明確に説明できるようなものはなく、結果が一定していない

という印象があります。ポジティブなサブセットだけをつまみ

食いして、“AZUREでは閉経後はエストロゲンの低い

サブセット、ABCSG12はLHRHIによりエストロゲン

が低いからゾレドロン酸が効く”というのは、私にはすっきり

しないですね。

ABCSG12ではほとんどのケースで化学療法が行われていない

ので、これが違いになっているのでしょうか。

しかし、その理由付けも難しいような。

色々と考えてみても、ゾレドロン酸に再発抑制効果があるか

どうかについては、個人的には迷宮入りです。
by aiharatomohiko | 2011-12-13 22:49 | お知らせ

香川県乳腺研究会で気付いたこと


3/2に先週に続いて香川県乳腺研究会で講演をしてきました。

その会で症例検討がありました。脳転移のあった患者さんで

ラパチニブ+カペシタビンが奏効したが増悪し、RTを行ったが再び

増悪したため、ラパチニブ+ドセタキセルを投与したところ奏効した

というケースが報告されていました。

保険的には微妙なものの、こういった投与法で効果が得られる

場合があるのかと、とても勉強になりました。

その時にフロアから質問があったのですが、”血液脳関門(BBB)が

転移によって破綻しているのであれば、ハーセプチンも効くのでは

ないか”といったような質問があがりました。


ラパチニブは分子量が小さいため、BBBを通過するといわれる

ことがあります。でも、分子量がどれくらいか知らなかったため、

その時に気になって調べてみました。

その分子量は 943.48。

抗体(ハーセプチン)はこの100倍超になりますので、BBBが破綻

したとしても通過は少し難しいのかもしれません。


抗癌剤の分子量も気になったので調べてみると、ドセタキセルの

分子量は807.879。

パクリタキセルの分子量は853.92。

エピルビシン塩酸塩の分子量は、579.98。

ビノレルビンの分子量は778。

分子量だけが問題ならば、これらの抗がん剤も通過するはず。

つまり単剤でも効果を発揮しても良さそうなものです。

ただ、BBBの通過は分子量だけの問題でもないということですし、

転移によりBBBが破壊されるという考えもありますし。。。


不勉強なので良く知らなかったのですが、この問題について

勉強してみたいと思います。

良くご存知の方はsuggestion頂けると幸いです。


当日研究会の時に、色々な先生方とディスカッション出来て

大変勉強になりました。

また、そのあとでご縁のあった先生にお世話になりました。

とても楽しい時間を有難うございました。
by aiharatomohiko | 2011-03-06 22:39 | お知らせ

三重乳がん治療学術講演会での講演

2/25に、三重乳がん治療学術講演会で、”乳がん薬物療法のUp to Date

~サンアントニオ2010の知見から~”という題で、講演をして来ました。

三重県には、三重大学の水野先生率いる腫瘍内科医が多数おられました。

大阪にも腫瘍内科医の先生、来て欲しいですね。

症例検討では興味深いケースの提示がされ、レベルが高い討議が活発に

なされていました。レベルが高くとても勉強になりました。

私の話の内容は、おいおいアップしていきます。

来週は香川乳腺で講演があり、その次はザンクトガレンに参加するので、

忙しい月になっています。


ところで、小川先生の東京マラソンの結果はどうだったのでしょうか。

大阪マラソンも頑張って下さいね。


f0123083_22352434.jpg

by aiharatomohiko | 2011-02-28 22:37 | お知らせ

市民フォーラム無事終わりました



11/27の市民フォーラムが無事終わりました。

司会の牧野さんがラジオで告知して下さったおかげもあり、

予定をオーバーする130名ほどの方にご参加頂きました。

アンケートを見ると、内容はわかりやすかったという方が80%

ほどでしたが、時間に限りがあるためもっとじっくりと、という

ご意見も頂いております。

ここは難しいところですね。

f0123083_13392732.jpg


写真は後日アップします。

ご来場頂いた皆さん、大住先生・増田さん・中田さん・牧野さん・

ご協力頂いた方々、どうも有り難うございました。
by aiharatomohiko | 2010-12-11 13:43 | お知らせ

第5回 Tokyo Breast Consortiumでの講演


先日東京での地域連携の会である第5回 Tokyo Breast Consortium

(TBC)で“ガイドラインは地域連携に有用か”という講演をしてきました。

薬物療法のガイドライン委員会で一緒だった国立がん研究センターのSC先生

からお話を頂いたのですが、当初の指令が地域連携という観点からガイド

ラインを俯瞰せよというかなり難しいお題で、また地域連携は東京が本場

という意識があり正直躊躇しましたが、今回何とかお役を果たすことが

できました。


地域連携からガイドラインの妥当性を検討する内容にしましたが、自分の

発表はさておいて駒込の黒井先生の〆のお話しが大変面白く、これを楽しみ

に参加されている先生もおられるとのことで、さもありなんと思いました。

このパートだけでもyoutubeにのせて欲しいですが、さすがに無理でしょうね。


余談ですが、薬物療法のガイドラインは、今年から委員長が変わりアップ

デートの間隔を短くするとの方針になり、昨年改訂したものを少し手直し

することになりました。

アップデートが三年間隔では長すぎると思っていたので、手間はかかり

ますが良い事だと思います。



会の後は久しぶりにお会いした先生がたに飲みに連れて行っていただき、

楽しい時間を過ごしました。ありがとうございました。
by aiharatomohiko | 2010-11-21 20:07 | お知らせ

第四回市民フォーラムのお知らせ


来る11月27日に家族性乳がんをテーマにして、市民公開講座を行うこと

になりました。会場の都合で、いつもの箕面から離れて大阪で行います。

今回は家族性乳がんの取り組みで有名な四国がんセンターの先生方に

お出でいただきます。

興味のあるお方はお誘い合わせの上、お出で下さい。

とりあえず、告知まで。

f0123083_1532450.jpg

by aiharatomohiko | 2010-10-08 15:07 | お知らせ

転院に関するお知らせとおわび


他院で手術をお受けになられて、当院でその後の治療を希望される方

がいらっしゃいます。

それはそれで有り難いことで、できればお受けしたいのは山々ですが、

当院での手術件数が増えるに連れて、お受けするのが物理的に困難な

状態になってしまい、今年初めから一律全ての方のお受け入れをお断り

する状態になっています。

例外的に他国駐在の方や遠方からの転居で紹介状をお持ちの方は、

ご相談をお受けしています。


HPに早めに記載しておれば良かったと思います。ご迷惑をお掛けした

方々にお詫びするとともに、BLOG上での告知とさせて頂きます。

当院で手術・治療を受けて頂いた方の診療の質を落としたくないので、

事情ご賢察の上ご了承下されば幸いです。
by aiharatomohiko | 2010-06-19 23:25 | お知らせ

第三回市民フォーラム 術後定期健診のお話


脇田先生のお話は、検診と術後フォローに関してでした。

そのときに、みなさん一様に驚いておられたのは、

”術後にCTや骨シンチなどをしても、予後の改善に結びつくという

データが無い”ので、ガイドラインでは推奨されない、という

お話になったときでした。


まだまだ年に1回CTや骨シンチをされている施設、多いみたいですね。

某所では、非浸潤がんの方にでも毎年骨シンチやCTをしている

ということも漏れ聞きます。まさかー、と思いますけど。


PETでもそうですが、自分の施設が過剰投資をしてしまったため、不必要な

検査を行うことがあってはいけません。

”この病院は検査設備が揃っているから、安心ね”って、乳がん治療では

かなりなブラックユーモアですかね。


ちなみに、当院では希望される方には行っていますが、それ以外の方は

CTや骨シンチを術前含めて1回も受けた経験がない方がほとんどです。


よその病院で治療を受けている方のお話をお聞きになって、”CTしなくて

いいんですか”と心配される場合もあるかと思いますが、他が過剰診療を

している場合の方が多いです。

もちろん、心配になったときにCTをたまに受けることは悪くありませんが。
by aiharatomohiko | 2009-11-16 17:36 | お知らせ

第三回市民フォーラムのお話 その1


いまさらの感ありありですが、市民フォーラムのご報告です。

pdfファイルで内容をアップでしようと思ったのですが、どうやっても

出来ないのであきらめました。

私は閉経前ホルモン療法のお話をしましたが、特に強調したかったのは、

ホルモン療法は決して副作用が軽い治療ではないということです。


・ほてり 

・発汗

・頭痛

・何となくやる気が出ない

・抑うつ

・不眠

・関節痛  

・骨塩量の減少 

・おりもの

・不正出血

などなど、どれをとってもご本人にはうっとうしいことばかりです。


担当の医師はなかなか理解してくれなくても、家族の方が理解して

くれたら、かなり楽になるのではないでしょうか。

私どもの作った小冊子が少しでもお役に立てばいいのですが。。。


Q&Aで気づいたのは、非浸潤がんでもホルモン剤を服用されている方が

何人かおられたことです。

術前に服用されている方もおられました。

驚いたことに、みなさん何の目的で服用されているのか理解されて

いないようでした(ため息)。


非浸潤がんは遠隔転移を起こす危険性が極めて低いため、

基本的に薬物療法は必要ないです。

温存術後に手術した乳房への再発の危険性を下げるという論文は

ありますが、一方ほとんど変わらないという論文もありますので、

一定した見解は有りません。

乳房切除をした後では、その意味すらないのです。

反対側の乳がんを減らす効果はあると思いますが、日本人の場合に

どの程度の発症率があって、どのくらい抑えられるか分かっていないため、

メリットは限られると思います。

私は基本的に処方していません。
by aiharatomohiko | 2009-11-16 17:29 | お知らせ

第3回市民フォーラムのお知らせ


第3回市民フォーラムのお知らせです。

7/11に阪急箕面駅前の箕面文化交流センターで行います。

茶屋町ブレストクリニックの脇田先生が乳がん検診について、

私が閉経前ホルモン療法の最新情報についてのお話をさせて頂きます。

その後パネルディスカッションの2部構成となっています。

参加ご希望の方は、forum1st@yahoo.co.jpまでメールをお願いします。


f0123083_22415512.jpg

by aiharatomohiko | 2009-06-17 22:42 | お知らせ