excitemusic

乳がんの最新情報を紹介しています
by aiharatomohiko
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


aTTom試験 もう一つのタモキシフェン10年 vs 5年


先日参加させて頂いた会の中で、ASCOで発表されたタモキシフェン

10年と5年を比較したaTTom試験の中間解析結果のデータを

手に入れることが出来ました。


aTTomはATLASとペアで行われた試験で、今回の解析は8000名

あまりの登録のうち7000名ほどのデータを解析した結果です。


残念ながら再発抑制効果はATLASほどではなく、服薬コンプライアンスが

タモキシフェン10年で80%とかなり良いにもかかわらず、

乳がんの再発が10年投与群で5年終了群と比較して5%ほど

しか減っておらず、有意差もありませんでした。


安全性については、子宮体がんの発症は2倍ほどになっていました。

ただ、他の二次がんが10年投与群で少なくなっており、二次がん全体では、

どちらの群もほぼ同じという、ちょっと理由がわからないような結果

でした。子宮体がん以外の二次がんのデータはATLASでは発表されて

いなかったようですので、理由は不明です。


今まで報告のあった10年 vs 5年の結果をメタ解析した結果の

テーブルも見ることが出来、5年と比較して10年で再発のハザード比が

10%ほどの改善と言う事でしたが、追加で5年服用しようという気が

起こるほどのデータではないように感じました。


タモキシフェン5年終了後で再発リスクが高い人に対しては、閉経後の方

にはやはりアロマターゼ阻害薬をお勧めし、閉経前の人には以上の事を

ご説明した後に、続けるかどうするか検討することになると思います。


ATLASのデータを見たときには、ちょっと元気が出たものでしたが、

このデータではタモキシフェンの10年をお勧めするのはしんどい

感じです。


ただ、どちらも最終解析結果ではないので、もうしばらくデータが成熟

するのを待つ必要はあります。
by aiharatomohiko | 2008-07-07 22:15 | 論文
<< GEICAM 9805 n0高... GEICAM9906:FEC ... >>