excitemusic

乳がんの最新情報を紹介しています
by aiharatomohiko
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


30thサンアントニオ乳癌シンポジウム-ATLAS-


サンアントニオ乳癌シンポジウムに参加してきました。

個人的に今年のハイライトと思っているのは、タモキシフェンの5年と

10年を比較するATLAS試験の中間解析の発表です。

この試験には、1996-2005年にわたって日本を含む世界38カ国

で11500人の患者さんが参加されました。

試験が始まったのが昔であったのと参加国の関係があり、

ER陽性が59%で後は不明ということでした。


観察期間の中央値4.2年で、コンプライアンスは、タモキシフェン5年

中止群の1%未満が別の薬剤に変更していること、タモキシフェン

10年群のうち83%が服用継続していることが示されました。

さて、効果の方ですが、再発のハザード比が5-9年で0.88、

10-14年で0.77と服用によりさらに再発が減少することが

示されました。


副作用についての報告は残念ながらありませんでした。


この結果をうけてタモキシフェンの服用期間を全ての人で直ちに

10年に延長することはないでしょうが、再発リスクの高い人

には最終結果が出るまで十分な注意をしながら投与継続する

ことを選択肢に入れても良いのではないでしょうか。
by aiharatomohiko | 2007-12-16 20:01 | 医療
<< 30thサンアントニオ乳癌シン... 乳癌学会近畿地方会 >>