excitemusic

乳がんの最新情報を紹介しています
by aiharatomohiko
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


乳癌学会近畿地方会


昨日乳癌学会の近畿地方会が、大阪大学の野口先生が会長をされ

行われました。当日化学療法のセッションでの座長とスポンサードシンポ

ジウムでのスピーカーとしての役回りがありました。


座長をしたセッションでは、目にした事がないような症例報告などがあり、

かなり勉強になりました。


スポンサードシンポジウムでは、アロマターゼ阻害薬の術後療法での

位置づけについて発表しました。


私が言いたかったことは、”アロマターゼ阻害薬はタモキシフェンよりも

有効性が高いことは確かで、第一選択薬である。ただし、再発リスクの低い

人に対しては両者の差はきわめて小さくなるため、患者の併存症

(特に骨粗鬆症の有無)によって使い分けることが重要である。”

また、”非乳がん死亡がアロマターゼ阻害薬で高くなる恐れがあるため、

今後データを注視しなければならない”ということでした。


他の先生のやり取りを聞くと、あまり骨塩量を測ることもなく、アロマターゼ

阻害薬を処方することが多いようだったので、やや残念でした。


”アロマターゼ阻害薬で骨折が多いという実感が無い”という意見もあった

ようでしたが、そりゃそうでしょう。わずか3%ほどの差を実感できるはずが

ありません。


それなのに、アロマターゼ阻害薬とタモキシフェンの3%に満たないDFS

の差が実感できるのであれば、それは製薬会社の刷り込みでしょう。

(ため息)
by aiharatomohiko | 2007-12-02 21:22 | 日常
<< 30thサンアントニオ乳癌シン... HER2とタキソールの有用性と... >>