excitemusic

乳がんの最新情報を紹介しています
by aiharatomohiko
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


HER2とタキソールの有用性との関係-その1-


リンパ節転移陽性乳癌の術後化学療法において、タキソールは標準治療薬

となっています。初めてタキソールの追加効果をAC vs AC-タキソールの

比較により検証したのは、CALGB9344というエポックメイキングな試験です。


この試験の中間解析の結果が発表された時から、ER陽性とER陰性では

タキソールの追加効果の大きさが異なるのではないか、と言われていました。

ただ、その後に発表されたアンスラサイクリン vs アンスラサイクリン+

タキサンを比較した試験では、ERの状況と無再発生存率の改善効果に

ついてバラツキがあったため、現時点では日常臨床においてERの状況で

タキサンを使用するかどうかを決めることは推奨されていません。

また、HER2の状況とタキソールの効果については、進行再発ではいくつかの

試験で検討されていますが、術後療法での検証はなされていません。


こういった背景から、HER2ならびにERの状況がタキソールの追加効果に

影響を与えるかどうかの解析が、CALGB9344の全3121例から無作為に

選ばれた1500例のうち組織が利用できた1322例を利用して行われ、

その結果が先月のNEJMに掲載されました。


CALGB9344試験では、アドリアシンの増量効果とタキソールの追加効果

という二つの命題を検証する2x2のファクトリアルデザインがとられていた

ため、以下の結果が得られました。


①HER2陽性乳癌に対してアドリアシンの量を60mgから90mgに上げても、

無再発生存率は改善しない。

②HER陽性乳癌とHER2陰性・ER陰性乳癌に対しては、タキソールの追加で

無再発生存率が改善するが、HER2陰性・ER陽性乳癌に対してタキソールを

追加しても、無再発生存率は改善しない。


全症例の過半数を占めるHER2陰性・ER陽性乳癌に対してタキソールを

追加する効果が無い
、ということが真実だとすると、臨床的に非常に

大きなインパクトがあります。
by aiharatomohiko | 2007-11-04 23:39 | 論文
<< HER2とタキソールの有用性と... SPIKES BC >>