excitemusic

乳がんの最新情報を紹介しています
by aiharatomohiko
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タモキシフェンとアロマターゼ阻害薬の使い分け


タモキシフェンとアロマターゼ阻害薬の使い分けはどうするのが

良いのでしょうか。

ポイントは、①再発抑制効果は、わずかながらアロマターゼ阻害薬の

方が高い ②副作用の出方が違う。

③関連しますが、タモキシフェンには骨折予防効果がある、

というところだと考えます。

つまり、患者さんの再発リスクと併存症を考えた上で、どちらをお勧めするか

決めるわけですが、実際の薬剤の選択を私は以下のようにしています。

①再発リスクが低く骨密度が低下している人には、基本的にタモキシフェン

を勧める。

②再発リスクが低く骨粗鬆症の心配が無い人には、基本的にどちらでも

良いというスタンスで患者さんと相談の上で決める。

③再発リスクが高い人には、基本的にアロマターゼ阻害薬を勧める。

骨密度が低下している人には、ビスフォスフォネートの使用を考慮する。

再発リスクを考えず、誰でもかれでもアロマターゼ阻害薬を処方する人がいる

としたならば、それは事前に患者さんの骨密度を測定していないからなのでは

ないでしょうか。

私は基本的に薬剤選択前に骨密度をデキサ法で調べていますが、

結構低く出る人がいて、アロマターゼ阻害薬を処方するのに躊躇する場面に

結構な頻度で出くわします。

外科医は高齢の方が骨折するとかなりADLが低下するという事をあまり良く

知らないために、骨の問題を過小評価しているところがあるのかも

しれません。

反対に、私は最近骨折の患者さんに接することが多いため、

骨の問題を過大評価する傾向にあるのかもしれません

(内心そうは思ってはいませんけど)。
by aiharatomohiko | 2007-09-22 22:23 | 医療
<< SPIKES BC アロマターゼ阻害薬とタモキシフ... >>