excitemusic

乳がんの最新情報を紹介しています
by aiharatomohiko
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


アロマターゼ阻害薬(AI)とタモキシフェン その2 AIの弱点


アロマターゼ阻害薬の問題点とは、主には骨と関節の問題です。

タモキシフェンと比較した臨床試験では、どの試験でもアロマターゼ阻害薬を

使用した群で全骨折率が40%強増えています。絶対値の差は患者背景に

よって異なりますが、1%~3%ほどです。一方、アロマターゼ阻害薬のメリット

である無再発生存率の改善は、アリミデックスとフェマーラの臨床試験では

2.5%ほどで、骨折率の増加で相殺されてしまいます。

”再発したら命が危なくなるが、骨折は手術すれば治るだろう”というスタンス

には問題があります。大腿骨頸部骨折を経験した人は、QOLが低下する

ばかりでなく、その後の生存率がかなり落ちるからです。

椎骨骨折でもQOLは低下します。

ビスフォスフォネートを服用すればよいだろう、というのも安易な意見です。

というのは、ビスフォスフォネートは服用方法がやっかいなため長期の服薬

持続率はかなり低く、食道潰瘍などの重大な副作用もあるからです。

注射剤が使用できるようになれば、この問題は解決します。

しかし、ビスフォスフォネートは正常な骨の代謝を妨げることにより、骨塩量を

増やすので、ごく長期の安全性がわからないのは、いささか不安です。

最適な投与期間もわかっていません。

また、“アロマターゼ阻害薬は、通常の人と比べて骨折を増やすのではない。

タモキシフェンに骨折予防効果があるので、これと比較すると骨折が多いよう

に見えるのだ”という意見がありますが、こんなことを論じてみても、

意味がありません。なぜなら、対象となる人には無治療という選択肢は無い

からです。タモキシフェンと比較するのが当然です。

関節のこわばりも厄介な副作用です。

時間の経過で改善する場合がありますが、かなりな不快感となる場合も

あります。消炎鎮痛剤で改善が期待できますが、仮に消炎鎮痛剤を数年間

処方しなければならないとなると、消化性潰瘍や心臓への影響も無視できなく

なります。
by aiharatomohiko | 2007-09-06 21:18 | 医療
<< アロマターゼ阻害薬とタモキシフ... アロマターゼ阻害薬とタモキシフ... >>