excitemusic

乳がんの最新情報を紹介しています
by aiharatomohiko
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ジェネリックを積極的に使用しない理由 その2


私が”個人的に”ジェネリックが信用できない落とし穴と思っているのは、

ジェネリックの薬物動態(PK)、平たく言えば経時的に測定したお薬の

血液中の濃度が、先発品と同等かどうかが調べられていないらしい、

ということなのです。

つまり、同じくすりと思って使用していても、例えば飲み薬であれば

吸収が悪くて体内で利用されない→効果が悪い、といったことがおこる

可能性が危惧されるのです。

巷では、特定の微生物に効果がある抗生剤のジェネリックを使用しても

血中濃度があがらないとか、ジェネリックの抗がん剤が効かなかった

のが、先発品に変えたら効いたとかいう、お話も掃いて捨てるほどあります。

先日もパクリタキセルの後発品を作っているメーカーの方が当院においでに

なられました。”ところで、PKは測っているのですか?”と伺うと、

やはり”PKは測っていません。厚生労働省の認可の要件に

入っていませんから。”というようなやり取りがあったように記憶しています。

ひょっとしてこの会社儲かっていないからPKを測るお金が無いんじゃないか

と考えましたが、会社のIRによると年間160億円も経常利益を上げています。

それなのに、薬剤の生命線ともいえるPKを測るなんていうことにかかる、

わずかなお金を惜しむなんて、どういうことなんでしょうね。

私は、”PKを測っていないのであれば、同等性に確信が持てないので、

当院では使用できません。”といって、お引取り願いました。

医療の現場では今後同等性に確信が持てないままでも、

ジェネリックが広がっていく素地があるのです。

しかも患者さんがわからないままに。。。(続く)
by aiharatomohiko | 2007-03-01 22:05 | 医療
<< ジェネリックに伴う医療事情 ジェネリックを積極的に使用しない理由 >>