excitemusic

乳がんの最新情報を紹介しています
by aiharatomohiko
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


CSPOR07年会-乳がんと骨-

CSPORアカデミーの今年のテーマは、”乳がんと骨”でした。まことに適切なテーマで大変勉強になりましたが、なぜ、”乳がんと骨”なのでしょうか。

乳がんの治療薬であるタモキシフェン(ノルバデックス)が骨塩量を増やして、骨粗鬆症や骨折の危険性を低くする効果があるのに対して、閉経後乳がんに使用するアロマターゼ阻害薬(アリミデックス、アロマシン、フェマーラ)は、そういった作用が無いかむしろ反対の作用があるためです。また、閉経前乳がんに使用するゾラデックスやリュープリンで月経を止めることにより、やはり骨塩量が下がります。なので、乳がん治療において骨の問題は避けて通ることができない問題となっています。

骨塩量が下がることに対して、予防的にビスフォスフォネートを使用するというやり方が話題に上っていますが、副作用を抑えるためにまた薬を処方する、そしてその薬の副作用を抑えるためにまた別のお薬を、、、というようなことにならないかは危惧しています。

相原病院では、専門の整形外科医がいるので、そういった点で安心です。万が一、酔っ払って転倒して鎖骨が折れたりしても、対応可能です。
by aiharatomohiko | 2007-02-04 23:02 | 日常
<< 乳癌診療ガイドライン-薬物療法- CSPOR07年会-臨床試験- >>