excitemusic

乳がんの最新情報を紹介しています
by aiharatomohiko
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


EBCTCG 1日目その3

内分泌治療

タモキシフェンの投与期間の検討

5年以上投与の試験は以前に3試験あり、有効性が証明されなかった

ために推奨されていなかった。

90年代により大きなATLAS、 Attomが行われた。


5年vs無投与

子宮内膜癌は2.5倍になっているものの、死亡はわずかで、閉経前では

増えていない。55-69才では、2.7%増えている。


5年対10年

ATLAS ER陽性での解析

中間解析では、再発抑制効果が報告@2007SABCS

アップデートした結果を今年のサンアントニオで発表予定。

aTTomは2008ASCOでは、negativeであったが、近々アップデート

される予定。

いずれもポジティブであれば、10年が標準になる可能性がある。
by aiharatomohiko | 2012-09-30 22:52 | 学会
<< EMILIA試験:二回目の中間... EBCTCG 1日目その2 >>