excitemusic

乳がんの最新情報を紹介しています
by aiharatomohiko
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ASCO2012 EMILIA試験その3

それでは、副作用はどうでしょうか。

Grade3以上の副作用は、57% vs 40.8%とT-DM1で少なかった。

嘔吐は29.3% vs 19.0%でT-DM1で少なかったのですが、

制吐剤の使用状況は詳細が分かりません。

他の毒性は、肝機能異常が約20%、血小板減少が28%(>G3 約13%)

とあります。血小板減少は気になりますね。

脱毛はあまりないという話ですが、この発表からは良く分かりません。

トラスツズマブから外れたDM1の毒性でもこれですから、全身投与

なんかはとても出来ないのがわかります。

全体としては、嘔気のコントロールをうまく行うことができれば、

比較的使用しやすい薬剤のように思えます。


さて、T-DM1は20年以上前から言われていたいわゆるミサイル療法です。

何だか懐かしいですね。ミサイル療法は、適切な細胞表面上のマーカー

が今までなかったため理論だけのものだったのですが、HER2タンパク

というがん特異的標的が得られたため、現実のものとなったわけです。

がん免疫療法でもよい標的になるはずですが、HER2タンパクの免疫原性

にも左右される訳ですから、そう簡単なものではないのかもしれません。

現状がどうなのか調べてみようと思います。


先に述べたように、T-DM1の治療効果に抗HER2効果がどの程度寄与して

いるか分かりませんので、ペルツズマブを追加する意義があるのかどうか

現時点ではわかりませんが、MARIANNE試験がこれを検証する為に

行われています。

ハ―セプテスト2+/FISH陰性のものに効果があるかどうかも気になる

ところです。


それにしても、アバスチンと違って治療効果の差が大きいので、

きれいな結果ですね。早々の認可が望まれます。
by aiharatomohiko | 2012-08-28 16:58 | 学会
<< 無症状の乳がんにCT・PET・... ASCO2012 EMILIA... >>