excitemusic

乳がんの最新情報を紹介しています
by aiharatomohiko
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ASCO2012 EMILIA試験その2

試験の結果は明快で、抗腫瘍効果並びに毒性でT-DM1が優れるという

ものでした。

トラスツズマブとタキサンで既治療例での標準治療はT-DM1に

なるのでしょう。


フォローアップの中央値は約12ヶ月。

Median dose intensityは、カペシタビン77.2%、ラパチニブ93.4%、

T-DM1は99.9%でした。

PFS(569イベント)は、6.4ヶ月 vs 9.6ヶ月 

層別化HR=0.650 (95% CI, 0.55, 0.77) P<0.0001で、T-DM1の勝ち。

f0123083_22565916.jpg



OS(223イベント)は、23.3ヶ月 vs 到達せず 

層別化HR=0.621 (95% CI, 0.48, 0.81) P=0.0005で、T-DM1の勝ち。

OSのEfficacy stopping boundaryが、P=0.0003 もしくは

HR=0.617に事前に設定されていたために、わずか数イベントの違い

とは思いますが、試験中止になりませんでした。

ただ、最終解析でもOSでT-DM1が優ることはまず間違いないでしょう。

f0123083_22571512.jpg



きれいな結果です。
by aiharatomohiko | 2012-08-27 18:52 | 学会
<< ASCO2012 EMILIA... ASCO2012 EMILIA... >>