excitemusic

乳がんの最新情報を紹介しています
by aiharatomohiko
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ASCO2012 EMILIA試験その1


トラスツズマブとタキサンで既治療のHER2陽性局所進行乳がんもしくは

転移乳がん980例を対象として、トラスツズマブにemtansineという

抗がん剤をリンカーでくっつけたT-DM1という抗体とラパチニブ・

カペシタビンの併用療法を比較したランダム化比較試験の結果が

ASCO2012で発表されました。


T-DM1は細胞表面のHER2タンパクと結合した後に細胞内に取り込まれ、

ライソゾームで分解された時にemtansineが放出されることによって、

微小管の多分子結合を阻害し、細胞死を引き起こします。

同様な対象でのPII試験の結果が二つあり、奏効率: 25.9% (N=112)と

34.5% (N=110)でした。

前治療なしの方を対象としたランダム化PII試験では、T-DM1 (n=67)群

のPFSの中央値がtrastuzumab + docetaxel (n=70)群よりも有意に

改善した14.2 vs. 9.2 months (HR=0.59; P=0.035)という有望な結果

が報告されています。


さて、本試験は、T-DM1(3.6 mg/kg q3w IV)とCapecitabine

1000 mg/m2 orally bid, days 1–14, q3w+Lapatinib 1250 mg/day

orally qdの1:1での比較試験です。

T-DM1の3.6 mg/kg q3w IVという量は、トラスツズマブの6mg/kgよりも

少ない量になります。トラスツズマブがこの量で抗腫瘍効果があるかどうかは

定かではありませんので、T-DM1の抗腫瘍効果に抗HER2効果がどの程度

寄与するのかは分かりません。
by aiharatomohiko | 2012-08-26 22:50 | 学会
<< ASCO2012 EMILIA... pCRと予後:定義とサブタイプ >>