excitemusic

乳がんの最新情報を紹介しています
by aiharatomohiko
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


SABCS2011 BOLERO2


レトロゾールかアナストロゾールで病勢が進行した閉経後ホルモン

感受性転移乳がんを対象として、エキセメスタン±エベロリムスの

比較試験が行われました。学会中発行のNEJMに掲載されました。

n=724で試験治療2:標準治療1のランダム化がなされました。

背景として、タモキシフェンが約半数、化学療法が約1/4、

フェスロデックスが約15%に使用されていた。


予定された中間解析の結果でO’Brien-Fleming boundary

を超えて優越性が証明されたので、結果が発表されました。


PFS ハザード比0.44(0.36-0.53)7.4 vs 3.2か月と有意な

改善が見られました。

イベント数も457と十分です。

しかしながら、中央判定ではHR = 0.36 (95% CI: 0.28-0.45)、

イベント数282とまあまあな違いが見られます。サブグループ解析では

背景因子の違いを超えて効果の一貫性が証明されています。

なお、学会発表はアップデートされたデータなので、論文とはごくわずか

数字が違います。


OSはイベント数が少ないため、最終解析は来年末以降になる予定ですが、

2011/7/8時点で137イベントが観察され、エベロリムス群では17.2%、

プラセボ群では22.7%と、最終解析で改善される可能性が高いのでないか

と思います。


副作用は併用群で頻度が高く、特に口内炎・発疹・食欲不振・肺炎などが

気になります。QOLに差はなく、骨代謝は併用群で悪い傾向にあった

とのことです。


OSでの差が確認されれば、認可されたら使用することになるのではないか

と思いますが、恐ろしく高額らしいのと副作用が気になります。
by aiharatomohiko | 2012-01-09 16:33 | 学会
<< SABCS2011 4アウトで... SABCS2011 センチネル... >>