excitemusic

乳がんの最新情報を紹介しています
by aiharatomohiko
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


乳がん学会のトピックその2-看護セッションから


当院から発表を行った看護セッションの発表を見ました。

局所進行乳がんの創部ケアの演題では、創部の状況に薬物療法や放射線

治療が影響を及ぼすにも関わらず、ケアの経過ばかりで肝心の治療経過

が抜け落ちているようでした。治療経過の提示なくして、看護の経過を

考える意味はあまり無いのでは?と感じました。


他には、比較的経験の浅い看護師を中心にして患者ケアを多職種で展開

することにより、看護師のスキルアップが見られたという報告がありま

したが、どうすればケアの質を上げることができるのかという視点で

研究する方が良かったのではないかと感じました。


また、患者さんの話をよく聞いたのが良かったという発表がありました。

意義がわかりにくかったので、医療者が話を聞くのと家族が話を聞くのと

どう違うのですかと質問したところ、家族には話がしにくいので医療者が

聞くことが意味があったというような返事が帰ってきた様な記憶があります。

本当に家族に話をしていないのか、そうであれば家族に話が出来るような

環境を整えることの方が重要なのではないかという疑問が湧いてきました。


総じてこういったことをしてみましたという発表が多いのだけれど、

それで結局患者さんにどういったメリットがあったのかという視点のものが

増えれば、看護研究の意義がより大きくなるのではないかと感じました。
by aiharatomohiko | 2011-09-10 17:45 | 学会
<< 乳がん学会のトピックその3-胃... 乳がん学会のトピックその1-ラ... >>