excitemusic

乳がんの最新情報を紹介しています
by aiharatomohiko
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ザンクトガレン2011

長らくご無沙汰してしまいましたが、先日論文化されたSt Gallenの会議に

参加してきました。会の構成は例年と同じで、三日間今まで得られた知見が

発表された後にコンセンサス会議が行われるというもの。


一日目は、既に発表された臨床試験結果の紹介のオンパレードで、目新しい

ものは特にありませんでした。MA27のデータはサンアントニオと全く同じ

でした。会の趣旨上は仕方ないのでしょうが、やや食い足りない感じです。


二日目は、午前中に疫学的な発表がありました。糖尿病でメトフォルミンを

服用している人ががんにかかりにくいというデータから、メトフォルミン

850mgx5yを服用することで再発が抑制されるかという試験が検討されている

ようです。

しかしながら、糖尿病にかかるとがんになるリスクが高くなるというデータ

があるので、糖尿病治療により元に戻るだけではないのでしょうか。

また、850mgというと実際の治療で使うくらいの結構な量ですが、

健常人に使用して低血糖などの問題はでないのでしょうか。

その後は、ついていくのが困難な突っ込み過ぎ気味な基礎データの発表が

続きました。中では、腫瘍に浸潤している制御性T細胞がRANKLを放出し、

パラクライン的に乳がん細胞に作用して転移を引き起こす(特に肺)という

話題は興味深かったので、論文を読んでみることにします。

デノスマブで肺転移が減るといいのですが。

当日最後のDr Paikの発表はさすがでした。遺伝子発現プロファイルを

用いてER陽性の再発低リスク群を見分ける場合に増殖に関わる遺伝子群が

重みを持っていること、臨床病理学的因子やKi67に比べると低リスク群

つまり化学療法を省略できる人に分類できる人の割合が高いこと

(ただしKi67の低い人でRSが高い人はほとんどいない)、

そして検査として再現性が高いことが説明されていました。


三日目は、手術・RT・薬物療法の話題が盛りだくさんで、これは結構興味

深く聞けました。



最終日のパネルコンセンサスは、議論が停滞する場面はありましたが、

以前のようにグダグダになることもなく、今回は意外にすんなりとまとまり

ました。特に目新しい内容はありませんでしたが、サブタイプ別に治療方針

を立てていくという方向性がよりはっきりしたのではないかと感じました。


ところで、今回は参加予定者が前回の4800人から4200人程度に減少して

いるというアナウンスがありました。スイスフランが高いからじゃないか

とかいう話もありましたが、本会では臨床的には目新しいデータがプレゼン

されるわけではない一方で唐突な基礎研究発表風のプレゼンがされたり、

最後のコンセンサス会議がまとまらない(今回はまとまったけど)しかつ

論文の内容と必ずしも一致しないという様な点が、参加者の期待するところと

ずれてきているからではないかと思います。

というか個人的にはズレを感じた今回のザンクトガレンでした。
by aiharatomohiko | 2011-07-03 23:38 | 学会
<< エキセメスタンの乳がん予防効果 SABCS2010 ゾレドロン... >>