excitemusic

乳がんの最新情報を紹介しています
by aiharatomohiko
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


サンアントニオ2009 転移乳がんでのアバスチン


転移再発の一次療法としてドセタキセル vs ベバシツマブ+ドセタキセル

を比較したAVADO試験の結果が発表されました

(ダブルブラインド・プラセボコントロール)。

結果は、併用群で無増悪期間が改善され、7.5mg群(打ち切り解析

ハザード比 0.80)より15mg群(打ち切り解析ハザード比 0.67)

がさらに良好でした。

といっても、それぞれ中央値でたかだか1ヵ月と2ヶ月の改善でしか

ありません。一年生存率はベバシツマブ15mg群で良好だったものの、

18ヶ月くらいでプラセボと同じになり、全生存期間に有意差はありません

でした。


転移再発の二次療法として化学療法 vs ベバシツマブ+化学療法

を比較したRIBBON2試験の中間解析結果も発表されました

(プラセボコントロール)。

併用群で無増悪期間が改善されましたが(ハザード比0.78

中央値7.2月 vs 5.1月)、全生存期間は改善されませんでした。


転移乳がんでは、一次治療でも二次治療以降でも、やっぱりしょぼかった

アバスチン(ベバシツマブ)。


この結果を見て、他の臨床医はアバスチンを使いたいと思うのでしょうか。

以前のエントリーにも書きましたように、私は個人的にはアバスチンを

積極的に使用する気にはなりません。言うまでもなく、転移性乳がんの主たる

治療目的である全生存期間の延長が認められていないからです。

無増悪期間は代替指標であるため、これだけが改善されてもあまり意味が

ありません。治療費は1年間で360万円もかかるらしいですし。

アメリカでの薬価の7掛けと言われてもお得感はなさそうですが、

いかがでしょう。
by aiharatomohiko | 2010-04-28 23:19 | 学会
<< 無増悪期間を一次評価項目とする問題点 サンアントニオ2009 後で使... >>