excitemusic

乳がんの最新情報を紹介しています
by aiharatomohiko
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


第三回市民フォーラムのお話 その1


いまさらの感ありありですが、市民フォーラムのご報告です。

pdfファイルで内容をアップでしようと思ったのですが、どうやっても

出来ないのであきらめました。

私は閉経前ホルモン療法のお話をしましたが、特に強調したかったのは、

ホルモン療法は決して副作用が軽い治療ではないということです。


・ほてり 

・発汗

・頭痛

・何となくやる気が出ない

・抑うつ

・不眠

・関節痛  

・骨塩量の減少 

・おりもの

・不正出血

などなど、どれをとってもご本人にはうっとうしいことばかりです。


担当の医師はなかなか理解してくれなくても、家族の方が理解して

くれたら、かなり楽になるのではないでしょうか。

私どもの作った小冊子が少しでもお役に立てばいいのですが。。。


Q&Aで気づいたのは、非浸潤がんでもホルモン剤を服用されている方が

何人かおられたことです。

術前に服用されている方もおられました。

驚いたことに、みなさん何の目的で服用されているのか理解されて

いないようでした(ため息)。


非浸潤がんは遠隔転移を起こす危険性が極めて低いため、

基本的に薬物療法は必要ないです。

温存術後に手術した乳房への再発の危険性を下げるという論文は

ありますが、一方ほとんど変わらないという論文もありますので、

一定した見解は有りません。

乳房切除をした後では、その意味すらないのです。

反対側の乳がんを減らす効果はあると思いますが、日本人の場合に

どの程度の発症率があって、どのくらい抑えられるか分かっていないため、

メリットは限られると思います。

私は基本的に処方していません。
by aiharatomohiko | 2009-11-16 17:29 | お知らせ
<< 第三回市民フォーラム 術後定期... HER2陽性ER陽性転移性乳が... >>