excitemusic

乳がんの最新情報を紹介しています
by aiharatomohiko
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


HER2陽性ER陽性転移性乳がんの治療


昨年のサンアントニオで発表された、HER2陽性ER陽性転移性

乳がんを対象とした、一次療法におけるラパチニブ vs 

ラパチニブ+レトロゾールのランダム化比較試験の結果が

JCO(J Clin Oncol 27. © 2009)にのりました。

内容はサンアントニオの時と同じです。

つまり、HER2陰性乳がんではラパチニブの効果がなく、HER2陽性では

無増悪進行期間は30%改善されるが、全生存期間に有意な改善は無い、

ということです。


また、同様の対象で行われた、ハーセプチン+アナストロゾール 

vs アナストロゾールの試験結果もJCO(J Clin Oncol 27. © 2009)

にのりました。

無増悪進行期間は40%改善されるが、全生存期間に有意な改善は無い、

ということです。


HER2陽性ER陽性転移性乳がんの治療においては、ホルモン治療単独を

優先とし、進行してから化学療法と抗HER2療法を行えばよいという結果です。

ハーセプチンとホルモン剤を同時併用する意義は、毎週点滴を行わなければ

ならないわずらわしさや医療費を考えると、患者さんにメリットがあるとは

思いがたいです。

ラパチニブとホルモン剤の併用は、医療費を考えなければ点滴をする

わずらわしさがないため、少しましだと思いますが、下痢などの副作用による

QOLの低下が懸念されます。


結論として、全生存期間の改善が見られないので、ホルモン剤と抗HER2療法

の併用は、個人的にはお勧めしません。
by aiharatomohiko | 2009-11-08 20:55 | 医療
<< 第三回市民フォーラムのお話 その1 患者に選択させるのがいい医療なのか >>