excitemusic

乳がんの最新情報を紹介しています
by aiharatomohiko
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


目からうろこもトホホな気分


 先日某メーカーの会で、EBMの紹介・実践で著名な先生とお会

いする機会がありました。


その際に教わったことで、目からうろこというか、そんな事も知らなかった

のかといわれても仕方ない事がわかりました。個人的には僥倖です。

それは、”二つの治療方法の効果を比較する時に、推定値を見ては

いけない”、”95%信頼区間だけで考えなさい”ということです。


どういうことかというと、例えばAという治療に対してBの再発抑制効果が

ハザード比0.70(95%信頼区間 0.40-0.95)だった時には、

0.70で考えるのではなく、”治療効果は0.40から0.95の間のどこか

に95%の確率で存在する”と考えて治療方針を立てなくてはならない

ということです。


そんなの当たり前じゃないかといわれそうですが、目からうろこが

落ちたのは、その理由が、”真の値は推定値付近に分布するの

ではなく、95%信頼区間のどの辺りにあるのか全く分からない”

ということなのです。


ガーン、真の値はてっきり推定値近辺に分布するもんだとばかり

思っていたのは、私ばかりでしょうか。

しばらく落ち込みましたが、知らなかったよりは知った方が良かった

と思って気を取り直すことにしました。


(以上は私の理解であり、当日何回か聞き直したのですが、理解が悪く

間違っている可能性があります。その場合、お気づきの方はご指摘

頂ければ幸いです。)
by aiharatomohiko | 2009-09-27 23:03 | 医療
<< 民族間差と個人差 UFT vs CMF >>