excitemusic

乳がんの最新情報を紹介しています
by aiharatomohiko
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


サンアントニオ2008 NSABP B30 ちょっとがっかり


AC60/600 4サイクル-DTX100 4サイクルとAT60/60 4サイクル

(→1/3症例集積時点で50/75に変更)とTAC60/60/600

(→同時期に75/50/500に変更)を比較した術後化学療法のランダム化

比較試験で、5000例以上という多数の登録があったNSABP B30の73ヶ月

のデータが発表されました。


AC-DTXに対してATは非劣性、TACは優越性をみた試験です。


1次評価項目が全生存率、2次評価項目が無再発生存率と、術後療法の王道

を行くエンドポイントの取り方で、これはさすがNSABPといった感じです。


結果は、AC-DTX>AT=TACでした。

つまり、試験の仮説は二つとも棄却されたということです。


途中で用量変更されことはATの効果には響いてなさそうだというデータの提示

がありましたが、TACにはそういったデータの提示がないうえにサイクル数が

ウェストコースとでデータのある6回でなく4回だったため、日常臨床に与える

インパクトは残念ながら低いといわざるを得ません。


術後化学療法については、以前発表のあったE1199のデータと今回の

BCIRG005のデータを見れば必要なレジメ選択が可能になると思います。
by aiharatomohiko | 2009-02-22 21:09 | 学会
<< サンアントニオ2008 BCI... サンアントニオ2008 ネラチ... >>